どんな人に向いている?オールセラミック歯科治療のメリット

オールセラミックが合う人とは

セラミック治療とはどんなものなのか

歯の治療の際には、金属の詰め物等の他に白い詰め物やクラウンと呼ばれる被せ物が登場していること、歯医者さんに通った経験がある方ならご存じかもしれません。
かつては詰め物、被せ物といえば金属性が一般的でした。
しかし金属では見た目に目立ってしまう上、金属アレルギーをお持ちの方には身体への負担が多い等、様々なデメリットが生じていました。
こうした問題を解決するものとして登場したのがセラミックです。
セラミックは金属の詰め物や被せ物に代わって使用される技工物であり、白く輝きのある見た目から自然の歯と見た目の印象がそれほど変化なく、他の歯に馴染んでくれます。
不意に口を開けても金属の詰め物ではないため、審美的に印象の良い口元を演出することが可能です。
1つのデメリットとして挙げるなら、セラミック治療は保険適用外の治療となります。自由診療や矯正歯科治療と同様に、自費負担で行わなければなりません。
金属の詰め物や被せ物よりも高額になってしまいます。
保険適用される診療では、歯に詰め物や被せ物を行う場合には使用できる素材が限定されているのです。
保険で適用される詰め物では金銀パラジウム合金、被せ物の場合は金銀パラジウム合金のほか、レジンブロックなども適用されることはありますが、どちらもセラミック治療は該当しません。
こうした金属よりも経年劣化の耐久性が高く、傷にも強いメリットがあるため、利用者も増えているのです。
セラミック、純度の良いオールセラミックを用いた治療はどんな人に最適なのか、そのメリットや特徴をご紹介します。